--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/20

秋の味覚、大しゅーかく 弐

「まぁ、別に暇だったから良いんですけど……」
「えへへー。楽しみやなぁ、かさちー」

『別に、1人で行ってこいとは言われていない』と言いたいのか、かさねを引き連れて山へと入るとうか。
ちなみにかさねは、完全に暇だったわけでもなく、苦手な繕い物を一生懸命している最中だった。
それを、とうかが頼み込んで引っ張り出してきたと言うわけだ。

「あの。わたし達は、キノコを採りに来たんですよね?」
「せやでー。キノコ鍋のためにな」
「それなら、ひとつ聞きたいことがあるんですけど」
「うん? どないしたん?」
「……それ」

スッと、かさねがとうかを指差す。
いや……指しているのは、とうかの持つ荷物だ。

「これ?」
「はい。なんですか、それ?」
「なに、って。見ればわかるやん。シャベルやで」
「ええ、そうですね。シャベルですよね。見れば分かります」

自分から聞いておきながら、聞くまでもないことだと納得するかさね。

「キノコ採るのに使うからなー。物置にあって、よかったわ」
「ええ、それも理解できます。できることなら、手を土で汚したくありませんものね」

しかし、彼女が聞きたいのはそこではない。

「あの……それ、雪かきに使うヤツでは?」
「せやなー」

おかしな指摘を、あっさりと肯定するとうか。
……そう、とうかが持って来たのは余りにも大きなモノだった。

「何に使うのか、もう一度聞いてもいいですか?」
「キノコ採りや」
「…………本気ですか?」
「あと、武器?」
「なにと闘うつもりなんですか、とうかちゃんは……」
「こう見えても、うちは毎日が戦争やからな。人生という名の」
「それについては、いつも丸腰の上、負け続きに見えるんですけど」
「おー。上手いこと言いはるわ、かさちー!」
「感心しないでください。あとやっぱりソレ、大きすぎて使い道ないです」
「うんうん、せやなー。わかるで」
「わかってるなら、持ってこないでくださいよ……」
「あはは、ごめんなー? なんかノリで、つい。わざと。うっかり」
「故意なのか偶然なのか、わかりづらいです!」
「あと、愛もあるで」
「キノコ採りには必要ありません!」
「寂しい子やなぁ、かさちーは……」

なんで自分が哀れまれているのだろう……と思いつつも、いつの間にか予定していた場所へ着いていることに気付くかさね。

「あの……この辺りですよね?」

先日、登ったばかりの山の麓側。
獣道を歩いた先の、自然にできたらしき小さな広場で、2人は足を止める。

「そーそー、ココやココ。おいしいキノコと、あぶないキノコがビッシリ生えてるでー」
「危ないキノコはいりませんよ」

背中のカゴを抱え直し、小さな鋤を取り出して、早速キノコ採取の準備を始めるかさね。

「お、やる気十分やね、かさちー!」
「わたしが先に動き出さないと、とうかちゃんはすぐに遊び始めますからね……」
「せやなー。困ったモンやで、ホンマ」
「自分のことですよ?」

うんうん、と頷きつつ、とうかも巨大なシャベルを手に持つ。
その構えは完全に、土地を荒らす猛獣を前にした勇敢な地主だ。
良いのか悪いのか、キノコを採るようにはまったく見えない。

「…………」

恐らく、突っ込んだら負けなのだろうと思ったかさねは、そんな光景を前にしながらも無言を貫いていた。

「んじゃ、しばらく自由行動でえーよね?」
「……ですね。お互いに初めてってわけでもないですし」
「大声で話してれば、熊もトラも近寄ってけぇへんやろ」
「どちらも、この山での目撃例はいませんけどね。特にトラは」

とうかの細かいボケに対して適当に対処しつつ、かさねが主導していく。
半刻……30分ほどの後にココへ集合と約束を交わして、2人は違う方向へと探索に出た。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。