--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/20

秋の味覚、大しゅーかく 弐

「まぁ、別に暇だったから良いんですけど……」
「えへへー。楽しみやなぁ、かさちー」

『別に、1人で行ってこいとは言われていない』と言いたいのか、かさねを引き連れて山へと入るとうか。
ちなみにかさねは、完全に暇だったわけでもなく、苦手な繕い物を一生懸命している最中だった。
それを、とうかが頼み込んで引っ張り出してきたと言うわけだ。

「あの。わたし達は、キノコを採りに来たんですよね?」
「せやでー。キノコ鍋のためにな」
「それなら、ひとつ聞きたいことがあるんですけど」
「うん? どないしたん?」
「……それ」

スッと、かさねがとうかを指差す。
いや……指しているのは、とうかの持つ荷物だ。

「これ?」
「はい。なんですか、それ?」
「なに、って。見ればわかるやん。シャベルやで」
「ええ、そうですね。シャベルですよね。見れば分かります」

自分から聞いておきながら、聞くまでもないことだと納得するかさね。

「キノコ採るのに使うからなー。物置にあって、よかったわ」
「ええ、それも理解できます。できることなら、手を土で汚したくありませんものね」

しかし、彼女が聞きたいのはそこではない。

「あの……それ、雪かきに使うヤツでは?」
「せやなー」

おかしな指摘を、あっさりと肯定するとうか。
……そう、とうかが持って来たのは余りにも大きなモノだった。

「何に使うのか、もう一度聞いてもいいですか?」
「キノコ採りや」
「…………本気ですか?」
「あと、武器?」
「なにと闘うつもりなんですか、とうかちゃんは……」
「こう見えても、うちは毎日が戦争やからな。人生という名の」
「それについては、いつも丸腰の上、負け続きに見えるんですけど」
「おー。上手いこと言いはるわ、かさちー!」
「感心しないでください。あとやっぱりソレ、大きすぎて使い道ないです」
「うんうん、せやなー。わかるで」
「わかってるなら、持ってこないでくださいよ……」
「あはは、ごめんなー? なんかノリで、つい。わざと。うっかり」
「故意なのか偶然なのか、わかりづらいです!」
「あと、愛もあるで」
「キノコ採りには必要ありません!」
「寂しい子やなぁ、かさちーは……」

なんで自分が哀れまれているのだろう……と思いつつも、いつの間にか予定していた場所へ着いていることに気付くかさね。

「あの……この辺りですよね?」

先日、登ったばかりの山の麓側。
獣道を歩いた先の、自然にできたらしき小さな広場で、2人は足を止める。

「そーそー、ココやココ。おいしいキノコと、あぶないキノコがビッシリ生えてるでー」
「危ないキノコはいりませんよ」

背中のカゴを抱え直し、小さな鋤を取り出して、早速キノコ採取の準備を始めるかさね。

「お、やる気十分やね、かさちー!」
「わたしが先に動き出さないと、とうかちゃんはすぐに遊び始めますからね……」
「せやなー。困ったモンやで、ホンマ」
「自分のことですよ?」

うんうん、と頷きつつ、とうかも巨大なシャベルを手に持つ。
その構えは完全に、土地を荒らす猛獣を前にした勇敢な地主だ。
良いのか悪いのか、キノコを採るようにはまったく見えない。

「…………」

恐らく、突っ込んだら負けなのだろうと思ったかさねは、そんな光景を前にしながらも無言を貫いていた。

「んじゃ、しばらく自由行動でえーよね?」
「……ですね。お互いに初めてってわけでもないですし」
「大声で話してれば、熊もトラも近寄ってけぇへんやろ」
「どちらも、この山での目撃例はいませんけどね。特にトラは」

とうかの細かいボケに対して適当に対処しつつ、かさねが主導していく。
半刻……30分ほどの後にココへ集合と約束を交わして、2人は違う方向へと探索に出た。
2016/07/11

秋の味覚、大しゅーかく 壱

「へあ~…………」
「とかちゃん、よだれ」
「…………ンジュルッ」

縁側で、ぼんやり遠くを見つめながら唾液を垂らすとうかを、たまたま通りがかったみつなが注意する。

「なかなか豪快に吸い込んだわねぇ……」
「あははー、あかんあかん。ボーッとして、着物に垂らすとこやったわー」
「よだれくらいなら良いけど……どうしたの、黄昏れちゃって?」
「んぇ? タゴノメ茶? なんや、苦みの中にスッキリとした後味がしそうな名前やね」
「タソガレよ、タソガレ……」

たまに勉強を見てやったりはしているものの、勝手に色々覚えてくるかさねとは違い、とうかにはもう少し厳しく接する必要があるのかもしれない……と、みつなは思う。

「なにか考え事でもしてたの? それとも、向こうの景色になにかあった?」
「んふふ~……ほらみつねぇ、アソコ見て、アソコ」
「アソコ?」

とうかは、遠くの山より若干上の、空辺りを指差している。

「な? なっ?」
「雲……がどうかした?」
「ホラあれ、よく見てやー。なにかに似てへん?」
「なにか? ……って、何かしら?」
「もー。鈍いで、みつねぇ。なにかって言ったら、キノコ鍋しかないやんかー」
「キノコ…………鍋?」

言われてみれば、とうかの指差した辺りには、どことなく鍋のような形をしている雲がある。
が、それは鍋そのものであって、別に中身がキノコと決まっているわけではない。
それこそ、猪鍋でもきりたんぽ鍋でも、寄せ鍋でもすき焼きでも構わないはずで。
……つまり、言った者勝ちにしか思えない程度には、ただの“鍋”なのだ。

「ええと……どうしてキノコ鍋に見えるのかしら?」
「ほら、あのこんもりと盛り上がっている具! 溢れ出しそうな汁! もう間違いなく、キノコしかあらへんよ!」
「そう……なの?」
「もちろんや!」

キラキラと瞳を輝かせながら、楽しそうにとうかは断言する。
とうかがそう言うのであれば、アレはキノコ鍋なのだろう。
半ば勢いに押されてではあるが、みつなはムリヤリそう納得することにした。

「あぁ、もしかしてそんな想像してたから、ついよだれが垂れちゃったのかしら?」
「せやねん……うまそうやったなぁ、あのキノコ鍋……」

まるで恋する乙女のように、憂いを含んだ視線をキノコ鍋らしき雲へ送る。
なるほど、これが黄昏れていた理由なのか……と、みつなは合点がいく。

「なー、みつねぇ……」

たとえしょうもない理由だったとしても、とうかの中に眠る女性の本能がそうさせているのだろうか。
切なそうに瞳を潤ませ、上目遣いでみつなを見つめる。

「…………食べたいの?」

“ハ”の字に下がった眉そのままに、コクリとうなずく。
こんな表情、男性を相手にしたらそれこそイチコロだろうに……と思いながら、みつなは小さくため息を吐く。

「はー、まったく……とかちゃんてば」
「あかん……?」
「ダメとは言ってないでしょ」
「え……? じゃ、じゃあっ」
「そーね、季節のものだし。たまには、キノコ鍋も良いかもしれないわね」
「わーいっ!」

途端に破顔して、両手を天に掲げるとうか。
全身で喜びを表現するその様子に、思わずみつなも苦笑してしまう。

「ただーし、ひとつ条件があります」
「んぉっ?」

ビッ、と人差し指をたて、とうかに突きつける。

「条件……って?」
「お出汁の材料は揃ってるし、お野菜も色々あるのだけど、うちには肝心のキノコが全然ないの。悪いけど、山から取ってきてくれないかしら?」
「おー、そないなことならラクショーやで! ちょちょーっと山からネコババしてくればえーやんな?」
「ネコババ……って、この辺りの山は所有者もいないし、自生してるのを頂くだけだから、盗みにはならないわよ?」
「なるほど、脱法ってヤツや!」
「……合法ね、合法」

言い方ひとつでかなり意味が違ってくるので、そこはしっかりと訂正する。

「ともかく、りょーかいやで。うちに任せてやー」
「食べられないヤツとかわかる?」
「見た目と匂いで9割わかるで!」
「……さすがとかちゃんね」

よくよく思い返してみると、これまでも何度かキノコを採りに行ったことがあったが、確かにとうかの持ってくるモノはほとんど全部が食べられる物だった。
恐らく、この野生的勘は信用しても良いだろう。
残りの危険なキノコも、みつなの知識を使えば避けられるので、何も問題はない。

「それじゃ、お姉ちゃんの方でお鍋の準備を進めておくから。とかちゃんは、材料調達お願いね」

それだけ告げると、みつなはお勝手の方へと向かう。

「よーし、久々に腕が鳴るでぇ……」

スクッと立ち上がったとうかは、意気揚々と廊下の先へと歩いて行った。
そう……玄関とは反対の方向へと。
2016/07/01

みつな、頒布開始のお知らせ

こんにちわ、ネモン℃の芳松です。
すっかりいつもの宣伝を忘れておりましたが、6月29日より「たまゆらの宿 みつな」が頒布開始されております。

DLsiteさんの頒布ページはこちら

DMMさんの頒布ページはこちら

よろしければ、チェックしてみてくださいませ。

さっそく感想メールも頂戴しましたが、温かいお言葉と作品へのご意見、大変参考になると共に感謝しております。
今回までの3作は、こうして活動を開始する前に書いたシナリオ・シチュエーションでしたので、次回作からは頂いたご意見を参考に執筆・収録をしていこうと思います。
数ヶ月後にはバージョンアップしたネモン℃をお見せできるように、鋭意努力して参りますので、どうぞご期待ください。

それでは今後とも、ネモン℃および、たまゆらの宿シリーズをよろしくお願いいたします。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。